SAGA DESIGN SEEDS

続までいの力 福島県飯舘村にみる一人ひとりが復興する力

販売中です。2012年8月15日発刊
定価 税込2,500円
(ISBN 9784904418154)
A4変形版(21×20cm)、カラー120ページ

【ご購入方法】
 ・Amazon.co.jp「続までいの力」
 ・SEEDS出版 FAX.024-546-1587、E-mail(
 ※福島市内では岩瀬書店、西沢書店、椏久里、
松川仮設の直売所「なごみ」などで販売しています。
  そのほかの書店でのお取り寄せは、お近くの書店におたずねください。



東日本大震災から福島市に移り住んだ若手フリージャーナリスト・平井有太。彼が駆け巡り避難中の市民・研究者・学者までインタビューし、かき集めた福島人のほんとうの声。復興のあり方・エネルギー問題。日本人としての生き方を問う。


福島 未来を切り拓く

定価:2,000円(本体1,852円+税)
B6版
モノクロ319ページ
ISBN978-4-904418-20-8 C0039
発売日:2015年3月
※メールでも注文承っております。sds@saga-d.co.jpまで「ご氏名・お電話番号・冊数・書名」を記入してご連絡ください。

[ Amazonで買う:福島 未来を切り拓く SEEDS出版]



読みきかせ、語り継ぐまでいな村の震災前、そして震災後。



がんばっぺ までいな村

定価:1,500円(本体1,389円+税)
A4版・縦 カラー
ISBN978-4-904418-19-2 C0071
発売日:2014年3月11日
※メールでも注文承っております。sds@saga-d.co.jpまで「ご氏名・お電話番号・冊数・書名」を記入してご連絡ください。

[ Amazonで買う:がんばっぺ までいな村]



農業者・文学者「前田新」の新刊



峠の詩 前田新著

定価:1,800円(本体1,714円+税)
モノクロ234ページ
ISBN978-4-904418-17-8 C0093
発売日:2014年9月25日
※メールでも注文承っております。sds@saga-d.co.jpまで「ご氏名・お電話番号・冊数・書名」を記入してご連絡ください。



東京電力福島第一原発の電気は首都圏へ供給されてきました。
それを支えてきた地域の人々が今、
故郷を追われ生活のすべてを失って流浪の民となりそうです!
美しくも優しい一人ひとりの歴史と暮らしがあったのに…



(最新版:第5版販売中です)


本の販売収益はすべて飯舘村の復興のために役立てられます!
本を買って、飯舘村を応援して下さい!


までいの力 

1年間にわたり、村内をくまなく取材し、飯舘村の在り方の理念『までい』を徹底追究したルポルタージュです。

定価:2,500円(本体2,380円+税)
A4変形版(21×20cm)
オールカラー120ページ
ISBN978-4-904418-09-3
発売日:2011年4月

[ Amazonで買う:までいの力 SEEDS出版]




飯舘村「までいの力」関連情報

「田舎の本屋さん」での4月の売上ランキング第1位 2011.5.9
・Monmo 「モンモ特選会」「読者プレゼント」 2011初夏号
・テレビユー福島「グーテン」 2011.5.17
・朝日新聞「天声人語」 2011.5.5
・テレビユー福島「Nスタ 飯舘村のまでいの心は消えない」2011.5.3
・NHK 視点論点 2011.4.27
時事通信「『までいの心』今こそ=飯舘村の暮らし、本に−福島」2011.4.22
・福島民友「飯舘の村づくりを本で紹介 収益は義援金に」2011.4.20
農山村文化協会「田舎の本屋さん」でもまでいの力販売中です
・JFN OH! HAPPY MORNING 飯舘村菅野典雄村長が電話出演 2011.4.19
・福島民報「飯舘応援の本発刊 『までい』の心で復興を」2011.4.14


多くの方からメッセージが寄せられています

「顔晴る(がんばる)皆様へ」
メッセージと、
きれいな絵はがきをいただきました。



 

いま生活を失いつつある人々と、立ち上がろうとする人々では大きな違いがあります。飯舘村をめぐっても、まさに生活が奪われようとしており、どのように報じるべきかが問われているわけです。(東京都 Hさん)

 

フランスは原発問題に大変関心のある国です。私のできる力で、この国の人々にメッセージを送りたいと思っています。福島を応援しています!(フランス Oさん)

 

─とても素晴らしい村づくりをされているのだなと、うらやましい気がします。一冊は図書館へ寄贈させていただきました。〜多くの方に知ってもらって息の長い支援と関心をもってほしかったからです。─(兵庫県 Fさん)

 

「節電した分の電気代を寄付します」(東京都 Yさん)
村への義援金としてお振込みがありました。

 

─『までいの力』が1冊でも多くの人の手に渡り、飯舘村の人々を支える人の輪が広がりますように。─(宮城県Yさん)

 

─地域や土地にこだわって一所懸命で生きている生き方を、原発事故は一瞬で押しつぶしてしまいました。原発を推進する巨大科学の価値観も危険になれば容易に退避勧告ができると考える価値観も個々の生を見ないという意味では同根のような気がしています。 (千葉県 Mさん)

 

─ 一刻も早い飯舘村の正常化を願って、いつか現地を訪ねてみることができればと思っております。(東京都 Nさん)

 

─今回の取り組み(本の発刊)はほんとうに素晴らしいものだと思います。飯舘村を応援する者として、とても嬉しく思います。(福岡県 Sさん)

 

─わたしは社会教育の研究者です。 複数の大学の講義で学生に紹介しました。 学生の関心はきわめて高い。─(Kさん)

 

─「までいの力」福島の友人から贈られて拝見、大変感動しました。多くの人に読んで貰いたいと思います─(Aさん)

 


購入された方の感想(Amazon.co.jpより)

★★★★★ 泣けました。,2011/4/20

内容、企画ともに素晴らしいです。本を買って飯舘村を支援したくなりました。
この本を読んだ後に、飯舘村がより身近に感じられました。日々たんたんと報道されるニュースだけでは、この気持ちは感じられないでしょう。素晴らしい村づくりを実践していた飯舘。一日も早い復興を切に願います。


★★★★★ 子供にも読みやすい, 2011/4/23

収益が全て寄付されるということで購入しましたが、、ホント素敵な本でした!!!

子育てクーポンの発行、村民債でスクールバスを買い、村内自給率100パーセントの学校給食の実現、村営の本屋さんを作るなど、「までい」の力で地域づくりをしてきた村に驚きました。

イラストや写真が多くて子供でも読みやすいです。
今回の事故を語り継ぐためにも幼稚園や小学校などの教育機関で取り上げて欲しい本です。


★★★★★ どうぞ、この村が再びこの本のような景色を取り戻しますように, 2011/4/27

奇しくも、この4月に出版された福島県飯舘村のむらづくりを記録した本です。
売上が飯舘村復興に役立てられます。ぜひ、手にとって読んで欲しいです。

「までい」とは、「真手」という古語からきたことばで「両手」という意味。
それが転じて「心を込めて、手間暇惜しまず」という方言となった。

福島県飯舘村は、美しい緑豊かな高原の村だった。
2011年3月11日午後2時46分までは。

6000人の村人の3人に1人がお年寄りのこの村は
平成7年に「クオリティライフいいたて」と題して自立した村作りをめざした。
くおりてぃらいふってなんだべ? スローライフってなんだね?
ある時、お年寄りが「スローライフって“までいの力”でないかね」とつぶやいた。
それからずっと「までいの力」で
子どももお年寄りも一緒になって素晴らしいむらづくりを進めてきた。
子どもの食育、村営の本屋さん、村人がもてなす田舎体験、医療制度や公共交通も、ユニークで飯舘らしい試みがたくさん生まれた。

その成果の集大成をまとめた1冊の本ができあがったその時
あの、大きな災害が村を襲った。

村の美しい風景、村の方々の活き活きとした表情が誌面いっぱいに残された。
言葉がない。でも、この本ができてよかったですね、といいたい。

どうぞ、この村が再びこの本のような景色を取り戻しますように。
「までいの力」があれば、きっと。


★★★★★ 本当の飯舘村, 2011/4/27

本の収益が飯舘村の復興に役立てられるということで購入しました。
写真と絵と文字のバランスがよく気軽に読める内容です。

すっかり原発問題で有名になってしまった村ですが
この本の中には震災前の村の人々の生き生きしていて、あたたかい暮らしがつまっています。

真心こめて、丁寧に・・・までいの
村づくりの続きがまたいつかできますように

きっとこの本を読んだあとには、この村の続きが見てみたくなると思います。

 

 

本のご注文・お問合せは

SEEDS出版(シーズ出版)
(株)サガデザインシーズ内
TEL.024-597-6800
FAX.024-546-1587
Mail:
〒960-1106 福島県福島市
下鳥渡字扇田30-3


SEEDS出版の本
会社概要
交通アクセス(GoogleMap)
「デザインする日々」ブログ


SEEDS出版の本

学校臨床の現場から 生島浩 著

「心のケア」個別対応を/怒り、まずコントロールから…など朝日新聞福島版連載の全124回に加え「私の非行臨床論」を特別書き下ろし。保護者、教師方、必携の一冊です。
[ Amazonで買う:学校臨床の現場から 生島浩 著]


第92回 全国高等学校野球選手権 福島大会記録集「夏の軌跡」

夏の感動を永遠に残そう!写真と紙面で綴る福島大会の記録。全試合イニング・テーブル、出場全チームを収録。(こちらは第92回・2010年版です)
[ Amazonで買う:「夏の軌跡」 朝日新聞福島総局]